会長挨拶

静岡県剣道道場連盟を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。

静岡県内には約200前後の道場や団体(以下「道場」)があります。そのうちの25%ほどの道場が現在、当連盟に加盟しております。

昭和から平成へと時代が移り変わり、約30年の月日が流れました。日本全体で進む急速な少子高齢化の影響を当連盟も受け、近年、加盟道場の減少が続き、少年少女の人数も減少し、衰退傾向にありました。

しかしながら数年前より現状に満足することなく、新たなことにチャレンジするという機運が高まり、主に次のようなことにチャレンジしてまいりました。

  • 当連盟の経営状況の改善
  • 積極的な加盟の勧誘
  • 既存の大会運営方法の変更
  • 新たな大会の開催
  • 錬成会・合同稽古会の開催
  • ホームページ作成
  • 公式スポンサーの募集

2018年は、これらのチャレンジしたことが軌道に乗り始めた年でもありました。そして、2019年は平成も終わり、新たな年号『令和』の幕開けとなります。

新たな時代の幕開けとともに、当連盟といたしましても今まで以上に色々なことにチャレンジをし、剣道の普及をはじめ、次世代の指導者の育成や青少年育成に努めてまいりたいと思っております。

そして、世界遺産にも登録されました日本一の富士山のあるこの静岡県より、また、当連盟の加盟道場より「日本一の剣士」が輩出されることを目標とし、一致団結し連盟の発展のために進んでいきたいと思っております。

今後とも、静岡県剣道道場連盟への、ご意見・ご指導をお願いし、ご挨拶とさせていただきます。

会長 堀田公一郎

会長 堀田公一郎